読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cygwin を更新したら、、、vim の動きが変わりましたよ

毎度のことだが、cygwin を更新したら、デフォルトの vim の動きが変わってしまった。
/etc/vimrc を読むらしい。
勝手に以前に編集した(直前に編集した)場所に戻るようになってしまった。
これが原因らしいよ。

if has("autocmd")
  augroup fedora
  autocmd!
  " In text files, always limit the width of text to 78 characters
  " autocmd BufRead *.txt set tw=78
  " When editing a file, always jump to the last cursor position
  autocmd BufReadPost *
  \ if line("'\"") > 0 && line ("'\"") <= line("$") |
  \   exe "normal! g'\"" |
  \ endif
  " don't write swapfile on most commonly used directories for NFS mounts or USB sticks
  autocmd BufNewFile,BufReadPre /media/*,/run/media/*,/mnt/* set directory=~/tmp,/var/tmp,/tmp
  " start with spec file template
  autocmd BufNewFile *.spec 0r /usr/share/vim/vimfiles/template.spec
  augroup END
endif

非常に鬱陶しい。ちゃんと先頭から表示してくれ(というか動きを変えるなよ)。ということで、.vimrc に

if has("autocmd")
  augroup fedora
  autocmd!
endif

と書いて抑制。