読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

usb_modeswitch と FS01BU

FS01BU は普通に USB Host につなぐと 1c9e:98ff で Mass Storage と認識される。usb-modeswitch を使うとモードを変えることが出来る。usb_modeswitch の本家からusb-modeswitch-data をとってくると 1c9e:98ff のデータがある。それを使う。

> usb_modeswitch -v 0x1c9e -p 0x98ff -c usb_modeswitch.d/1c93:98ff

これで vendor 固有のやりとりをして 1c9e:6801 に変更してくれる。1c9e:6801 になったら、今度は、modprobe で usb_serial を”無理やり" わりあてる。そのまえに 1c9e:6801 のエンドポイントを簡単に見てみる。(lsusb -v で詳しく見れるはず)。lsusb -v の出力ではないけど、自分で解析した結果は次の通り。

inteface:00 ff ff ff
   81: bulk
   01: bulk
inteface:01 ff ff ff   
   82: interrupt
   83: bulk
   02: bulk
inteface:02 ff ff ff
   84: bulk
   03: bulk
inteface:03 08 06 50
   04: bulk
   85: bulk

みたいな感じ。ff ff ff は USB のクラス等なのだが未定義ということになる。08 06 50 は Mass Storage。そこで、modprobe で usb serial を指定すると、よくわからないものすべてを usb serial に割り当てるようだ。kernel のソースを読むと vendor id と product id しかみていない。つまり、順に未定義の inteface すべてに usb serial を割り当てる。結果として ttyUSB0, ttyUSB1, ttyUSB2 ができる。素性のわかっている 08 06 50 には usb serial は割り当てないようだ。

usb serial の general に vendor id と product id 以上の割り当てポリシーに関する解像度はないので、すべてが usb serial になってしまう。ttyUSB2 は AT コマンドを受け付けるようなので (cu -l /dev/ttyUSB2 で確認可能。ATE1 でecho。ATI で情報が得られる)
、適当に遊べる。atd は使えなかった(そういうものじゃないらしい)。

じゃ、あとの interface 0 と 1 をアサインした ttyUSB0 と ttyUSB1 の役割は何なのだろうという疑問がわく。82 が interrupt なので、データの送受信は 82 02 でやるのかな?

ということで、ubuntu を upgrade するとうまくいくという記述をちらほら見かけますが、これは恐らく、usb_modeswitch のデータが更新されたためですね。