トップシークレットの logiXXXX

BXXX から請けた仕事で logiXXXX がある。これはトップシークレットだ。そのためにこのブログもかなりの部分を伏字にせざるを得い。logiXXXX は4つのXXXとXXXーを使い車の車XXれなどをサポートする。ハンドルの切り具合に応じてXXが変わり、XXXがあればそのXX性を教えてくれる。この担当は再びゴーラン・パンターだ。彼は来週 Xilinx の FAE のカンファレンスでこの発表をするという。そのテストを兼ねてパワーポイントを使ってプレゼンテーションをしてくれた。ソフトウェアのパートが多くなるこのシステムで彼は Windows のシミュレーション環境を作り実機がなくても主要部分は作れるようなシステムを構築していた。

説明を受けるうちに「なるほどそのためにカラーLUTを二つ用意していたのか。」と納得。その後アナに再度今度は実際のハードウェアの動きを見せてもらった。特に MXXXX モードは興味深い。カメラから入力されたデータが変換されXXからXXように見える。変換には logiBMP を使っているそうだ。

そうこうしていると金曜日も夕方の 4:00 になる。ゴーランはクライミングに行くという。連れの「おこちゃま」も一緒に行くそうだ。おいおい。ちゃんと自立してほしいものだ。