[Lisp] LispWorks

まずは LispWorks を Windows に入れてみた。統合環境だ。Emacs 風のエディターがついてくる。Ctrl-H はヘルプか、、、ここまで Emacs にしなくても良い気がする。評価も Emacs 風だ。あれ?指が覚えているので日記に表現できない。最後は Esc-X Ctrl-E かな?とにかく、指がつりそうだ。そういえば、20年近く前に Emacs を覚えたときに、指がつりそうなのと左肘の腱鞘炎のためにエディターを変えたことを思い出した。Emacs は趣味じゃない、、、

結局、その後 vi を覚えて vi 派になったんだっけ。Emacs も時々使うけど。ほとんど vi だからね。Emacs の前は TurboPascal。Emacs をダイヤモンドキーソールに変えたのを思い出す。トイレットシミュレータや月例表示とか Emacs Lisp でつくったっけ。

そのときは let をつかって、loop もつかって書いたらなんだか C と変わらんプログラムができるなぁ〜〜と、これじゃ関数型プログラムじゃないだろう。そうこうしているうちに Emacs は使わなくなってしまった。

あっ LispWorks の話か。

結局、LispWorks のお試し版はコマンドラインlisp がないのでだめだという感じ。