読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZC702 + Yocto

http://www.sweetcafe.jp/wiki/doku.php?id=zynq
これを見ながら開始。

LAYERDEPENDS_linaro = "networking-layer" 
↓ 
#LAYERDEPENDS_linaro = "networking-layer" 
LAYERDEPENDS_linaro-toolchain = "meta-networking" 

この辺の設定はいいのだろうか?っていうか、linaro 直接いじっているし。
まずは意味も分からずこのままつかう。
[追記] そもそも linaro の設定は必要なさそう。どうやら gcc でのセルフコンパイルをしようと思っての設定らしい。必要なし。また、後に書いたように、sdk を入れるとセルフコンパイル環境が入って"巨大な"ext2 の環境になってしまう。sdk の環境を入れないというのが"とりあえず"の私の解。

ERROR:  OE-core's config sanity checker detected a potential misconfiguration.
    Either fix the cause of this error or at your own risk disable the checker (see sanity.conf).
    Following is the list of potential problems / advisories:

    libsdl-native is set to be ASSUME_PROVIDED but sdl-config can't be found in PATH. Please either install it, or configure qemu not to require sdl.

といわれる。どうやら libsdl がないようだ。qemu のため”だけ”にあるはずなのに、、、
とりあえず、apt-get で libsdl1.2-dev をいれる。関連するライブラリ軍が巨大だ、、、

bitbake でうまく始まった模様。