読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄教科書問題と掛け算の順序

「沖縄教科書問題と掛け算の順序」は基本的に根が同じだと思う。掛け算の順序の問題提起をしたページはいくつも散見します。数学的には昨日も書いたけど、
http://d.hatena.ne.jp/Sokalian/20101116/1289928627
これで解決だと思う。問題は数学的な問題でも教師の問題でもない。これは一種の教科書問題だと思う。教科書を作る現場では何をしているのか?

基本的に「指導要領」は肝心な点を不鮮明にしていて、一般論に終始している。誰がつついても間違いがないような非常に”かしこい”(本当は愚あるいは虚)表現と構造をしている。裏で何をしているのか?おそらく、誰かが描いたシナリオに沿った教科書のみが検定教科書になるのだ(たぶん)。検定教科書にはすべて”掛け算の順序”がもりこまれて、そのあんちょこには先生が”こう教える”と書いてあるんだ。心ある人は、この独裁ともいえる日本の教科書問題に声を上げてこれを批判しよう!!

文部科学省はいったい何を考えているのか?

教育問題はちゃんと”まっとうな政治家”が根を正さないといけないと思う。そういう意味で大阪市は注目だな。