ISE11.4 導入

遅ればせながら ISE11.4 にアップデートした。MPMC が 5.04a とアップデートされた。何が変わったのだろう?pdf はより詳しくなっていた。マイナーバグフィックスかな?ISE は 11 で 10 に比べて速くなったという噂(マルチプロセッサ対応したという噂)があったがそれほど速さを感じられなかった。EDK は(正確には XPS か)相変わらず遅いままだ。

MPMC から SO-DIMM のアクセスは予想通り動かなかった。デバッガから領域をアクセスするとDIMM からの応答がないためだろう CPU がフリーズしてしまう。こうなったら rst とデバッガから打ち込むしかない。

方法は幾つかあるが、、、まずはいまの DIMM がちゃんと動いているかの確認だ。まったく実績がない上にコネクタが干渉して完全にはまっていない。SO-DIMM のサイズは決まっているのではないか?設計ミス?ボードが ES だからか?とりあえず 512M でアクセスできるかどうかだな。あとアドレスもずらしてみよう。きっと配線を間違っているに違いない。そういえば、DDR2 の配線を見ていたら SPI らしきものがあったがこれでデバッグが出来たりするのだろうか?