Eclipse デプロイできた

どうやら単純ミスだったようで、自分のプラグインを作ってデプロイすることができた。当初は jee でしか動かないのかと思ったが、ちゃんと Java の標準開発環境でも動いた。なんだかね〜〜。Externalize Strings Wizard を使うと国際化もあるていどやってくれる。後は(恐らく)格言とにあわせた文字列を用意すればよい。例えば %perspective.hr とかね。(hr はクロアチア
Organize Manifests Wizard を使うと Manifests 上でミスしているところも自動修正の候補を挙げてくれる。
Eclipse の Garileo をつかっているのだが開発環境としては至れり尽くせりだ。自動的に裏でコンパイルが通る割には快適だし、間違ったところは候補を挙げてくれる。とはいえこれは非常に”危険”で間違ったところは候補のゆうとおりにいい加減に選択肢を選んでいけばコンパイルエラーのないソースが出来あがるわけだ。これは本来、一つ一つ理解しなければならないプログラマに思考停止をもたらし、いつまでたってもスキルが向上しないということがありえる。
まさにザイオン。なんでうごいているかわからない。
なにはともあれ、デプロイできたので次は自動ダウンロードにチャレンジしたい。