vi with LoL

:set lispwords+=defmacro!,dlambda,alet

こうするとdefmacro!のときのインデントが defmacro と同じ場所になり気分が良い。

あと、LL(1) は解釈出来たが、その後のアクション(意味解析か、、、)に関して LL のときはどう実行していったらいいのか良くわからないぞ。Yacc のように末端から動作してもらえるとわかりやすいのだが、LL の場合も何らかのアクションをするときは末端からにするのだろうか?JavaCC をもう一度読み直してみよう。