ミーティング

9:00 からはミーティングを開く。ザグレブの xylon 社長室にはダバーと私、日本には営業の大和、そしてドイツにはクリスチャン。いつもと違うのは私が日本ではなくザグレブにいることだ。今後どのようにして xylon のIPコアを日本で展開していくかという営業的な視点で会議が進む。基本的なアイデアはダバーが持っているが、日本の商習慣への適合と顧客および Xilinx とその代理店に対しどう信頼を勝ち取っていくかがポイントだ。今までの経緯と今回のザグレブでの修行によって技術的なサポート基準は大きくクリアした。うちの会社も IP コアを作って売ることは可能だろう。幸い連れてきた技術者もそれなりに順応している。問題は技術じゃなくて、、、、人に対してどれだけサービス精神を発揮できるかだ。エンターテーメント性といってもよいかもしれない。