logiCAFEBABE

午後は logiCAFEBABE の開発に入る。シンビーのトップシークレットプロジェクトなのであまり詳細にはかけない。レジスターのアクセスには今のところ OPB を使っている。IPIF 経由でアクセスしている。IPIF の資料がないかと google さんに聞いてみると、cqpub の大牧さんの記事行きついた。さらに調べると私のブログ。あまり日本語の情報がない。logiCAFEBABE のすごいところは XMB 経由でメモリアクセスをするところだ。バースト転送時に最大64バイトの転送が可能なので効率的に転送が可能だ。XMB がプライオリティを持っているので他の優先順位の高い転送を邪魔しない。完成したらホームページでお披露目することにしよう。

作業にはデンカの机を使っている。彼女は今腎臓を移植したと直後とのことで病院にいる。まだ会っていない。この滞在中にはあえないかもしれない。すでに一般病室に移ったとのことで早い復帰を心から願っている。彼女の使っているパソコンがあいているのでそれを使うことにした。日本から持ってきたノートパソコンより速いはずだ。社内ネットワークは Windows ドメインを使っている。私のための設定をすると簡単にそのパソコンが私のパソコンになった。インストールに管理者権限が必要なのでシステム管理者のブラドミールに手伝ってもらい再審の logiCRAFT platform をインストール。そして、download.bit を作る。30 分ほどで生成が終わった。今までの1/4の時間だ。今後はこの環境を生かして開発のスピードアップを図ることになる。