これって python

lisp の () は相当わずらわしい。showmatch のエディターの支援がないと厳しい。 C や C++ はその点 {} のインデントで工夫しているからわかりやすい。

	if ( a == 3 ) {
	    ...
	    ...
	} 

lisp なら

	(if (= a 3)
	  (....)
	  (....))

だが、これを

	(if (= a 3)
	  (....)
	  (....)
	)

としたらどうだろう? lisp の関数の最後にありがちな )))...))) が意味ある位置に落ち着くのではないか?ん?ちょっとまて、これ () を取り除けるじゃないか。

	if (= a 3)
		....
		....

あっ!!これは、、、

python にやられた!!

それでもやっぱり、% で括弧の対応がすぐわかる言語が私は好き。begin end は最悪だ。もっとコンピュータの気持ちにならないといけない言語がいいよね。人間よりじゃダメだよ。