APU と DCR と FSL

Virtex-II には DCR (Device Control Register) が、MicroBlaze には FSL ( Fast Simplex Link ) がある。これを利用すれば、コプロセッサを実装することが可能であるらしい。APU はより PowerPC 内部に入り込んでいる。資料によるとパイプラインと組み合わせて使用することが出来るらしい。ハンドシェークしなくてもいいので、速いという事か?まだわからない。